2017-04-06から1日間の記事一覧

本「量子力学と私」 鏡と左右反転

朝永振一郎の『量子力学と私』は鏡に関する次の疑問で始まります。 「なぜ鏡は左右を逆に映すのか?」 この問題をつらつらと考えてみると、鏡の性質に思い当たります。それは、「映す像と映った像は、鏡の面からみて等距離にある。」(逆にいえば、鏡はそう…